Welcome to the Page of the Mie Golf Association
Mie Golf Mie Golf Association

三重県ゴルフ連盟

競技報告

[2018]男子アマ記事

2018/04/20(Fri) 21:00:46
2018三重県男子アマチュアゴルフ選手権競技

MGA主催競技本戦の皮切り。 県男子アマは、中部学院大3年生の中山絹也選手(リオフジワラ)が 2年ぶり2回目の優勝。

日本スポーツマスターズ三重県代表は、
青木清治選手、前田正昭選手、辻一也選手の3人に決定。
開催日/2018年4月20日(金)
会 場/スリーレイクスカントリークラブ
国体・男子アマの部 6726ヤード・Par72
スポーツマスターズの部 6521ヤード・Par72
参加人数/国体成年男子参考競技の部 40名・男子アマのみの部 53名(うち欠場9名)
スポーツマスターズの部 75名(うち欠場9名)
天候/快晴

三重県ゴルフ連盟が主催する2018年度競技(本戦)の皮切りとなる県男子アマチュアゴルフ選手権競技が、難コースで定評のあるスリーレイクスカントリークラブで開催された。
青空が広がり、汗ばむほどの陽気となったが、風が強い1日。しかも、グリーンコンデイションがスティンプ11、コンパクション12と速く、選手たちを大いに悩ませた。

競技は男子アマの部(国体成年男子参考)と日本スポーツマスターズの部で行われた。
男子アマの部には中学生から60歳代まで幅広い選手が出場。70台でまとめる選手がなかなか現れない中、中山絹也選手(リオフジワラ)が72ストロークでホールアウトし2年ぶり2回目の優勝を飾った。中山選手はインからのスタートで前半を2オーバーとするも後半を2アンダーとしイーブンパーのナイスプレー。中部学院大学3年生で、この春、中日カントリークラブで行われた中部日本アマプロ・アマの部でも優勝し、来週の中日クラウンズに2年連続で出場する。「調子は良くなってきているので、和合でも頑張ります」と目を輝かせた。
2位は2打差の74で斎藤元一選手(伊勢・48歳)、3位は中学3年生の牧野祥大選手(員弁中)だった。
左から、牧野選手、中山選手、斎藤選手
また、55歳以上に出場資格のあるスポーツマスターズの部は、77ストロークの青木清治選手(鈴峰)が1位となった。78ストロークの前田正昭選手(鈴鹿)辻一也選手(藤原)との3人がこの秋開催される日本スポーツマスターズの三重県代表に決まった。
日本スポーツマスターズ2018は、9月12〜14日(水〜金)に北海道・ツキサップゴルフクラブ(男子)、札幌芙蓉カントリー倶楽部(女子)で開催される。
左から、前田選手、青木選手、辻選手
★優勝インタビュー、選手コメントなどは、3eの日5月3日版でお伝えします★