Welcome to the Page of the Mie Golf Association
Mie Golf Mie Golf Association

三重県ゴルフ連盟

競技報告

◆3eの日◆県アンダーハンディ競技会場紹介<松阪カントリークラブ>

2016/09/02(Fri) 19:06:16

「上がると、何故かたたいている?!」 アンジュレーションのあるフェアウェイ、奥に長いグリーン。 攻略の鍵は、落とし所の把握。

松阪カントリークラブ

支配人
伊藤栄治さんにお聞きしました。

<クラブについて教えてください>
●開場は昭和53年。来年40周年です。
松阪カントリークラブは、昭和53年4月に開場。小笹昭三氏の設計で、どのホールもバラエティーとアンジュレーションに富んだ魅力ある18ホールです。地理的には松阪駅の南西側で、市街地から比較的近く、アクセスもいいこともあり、メンバーには地元の名士の方々が多くいらっしゃいます。
三重交通グループ、日本土建グループが経営母体の中心となる松阪CCは、来年40周年の節目を迎え、今後、クラブとしてのイベントもいろいろ考えていく予定です。
●プレーヤーからは「難しいコース」と言われます。
各ホールがしっかりとセパレートされた18ホールです。40年の歳月を経て、木々が生い茂り、歴史を感じさせるコースです。そして、レイアウトもさることながら、各ホールのフェアウェイは微妙にアンジュレーションがあり、まっすぐに立ってスイングすることがないせいか、奥に長いグリーンのせいか、「どこかで必ずたたいてしまう」とプレーヤー。「難しい」「ホールごとに落とし穴があるね」「でも、次こそは」と挑戦意欲をかきたてられて、繰り返し来場されるゴルファーも多く、ありがたいと思っています。
●レストランの一番人気は、鉄板ナポリタン。
人気のナポリタンは鉄板に卵焼きを敷いた懐かしい味わいです(1000円税別)。また、トッピングもエビフライ、唐揚げ、ウインナーなど6種類から選べる(追加料金)ので、その日の気分でご注文を!
その他、豚トロしょうゆラーメン(1200円税別)やニンニクを利かせた甘辛いソースが特徴のシルキーポークのトンテキ膳(1300円税別)など、定番メニューから季節限定メニューまでいろいろご用意しています。

●クラブでは、今年からJGA/USGAハンディキャップインデックスを採用。好評です。
今年から、松阪CCでは、JGA/USGAハンディキャップインデックスを採用して競技を行っています。まだ、メンバー全員が取得には至っていませんが、月例会では優勝者の顔ぶれが変わってきており、「頑張れば上位に食い込める!」と参加者からはとても評価されています。競技会への参加者も少しずつ増えてきていますし、賑やかになり、競技当日の一喜一憂も嬉しい風景となりました。
<支配人のことを教えてください>
●松阪CCに来て、2年半。初めてのゴルフ界にとまどいの連続でした。
私は、平成26年3月に三交不動産から出向で、松阪CCにやってきました。不動産の営業畑からゴルフ場ですから、全く違う世界で、最初はずいぶんとまどいました。しかし、この松阪地区の支配人さんたちをはじめ周りの方々、何より、メンバーの方々に親しくしていただき、とても感謝しています。
小学校から高校まで野球をしていましたが、ゴルフは社会人になって親睦コンペに参加した程度でしたから、まさか自分がゴルフ場に関わるとは思ってもいませんでした。こちらに来て、ゴルフの回数は増えました。でも、なかなかうまくはなりませんね。難しいと言われる松阪CCですから、なおさらです(笑) 今、49歳で、まだまだこれから。みなさんのお役に立てるよう頑張っていきたいですね。

◇◆◇コース紹介◇◆◇

元支配人で、現在、常勤監査役の藤本輝秋さんが、県アンダーハンディキャップゴルフ競技の舞台となる松阪CCの、ポイントとなるホールについて案内してくれました。
茶店
アウトもインもスタートホールはピンが正面に見えるレイアウトになっており、気持ちよくプレーできる。逆に、上がりの3ホールはアウト・インともに難しい。特に最終ホールの9番、18番は手ごわい。グリーンは奥に長い形をしたホールがほとんどなので、ピンポジションによって、クラブ選択を誤らないようにしたい。
競技当日はベントグリーンを使用。また、フェアウェイサイドの距離表示は、エッジまでの距離。
◎18ホール Par72/C6787Y、R6413Y、S5820Y、L5000Y
(C・・チャンピオン、R・・レギュラー、S・・シニア、L・・レディス)
◆◇アウトコース◆◇
アウトは5番Hから難しいホールが続いていくため、4番Hまでにひとつでもスコアを縮めておきたい。
★5番H(Par4/C422Y、R396Y、S329Y、L267Y)
緩やかな右ドッグレッグのミドル、落としどころが最も難しいホール。というのも、セカンドで花道がないうえ、グリーン手前にバンカーが待ち構える。また、左に曲げると大きく下っており、グリーンに戻すのが困難となるからだ。ベストルートは、打ち下ろしの第1打を、2段になったフェアウェイの左サイド。
ティーインググラウンド

第2打地点
★7番H(Par5/C591Y、R568Y、S472Y、L456Y)
ここから難度の高い3ホールが続く。
右ドッグレッグで、距離が最も長いタフなロングホール。第1打は裾野を狙って右目に飛ばしたい。ショートカットの場合は、高いボールで林の上を越える球が打てるかどうか。長いので2オンは困難。また、グリーンは上につけると大変、止まらない。このホールのパーはとても価値がある。
ティーインググラウンド
レディースティー
★8番H(Par3/C198Y、R173Y、S138Y、L138Y)
池越えの美しいショート。ロケーションとしてプレッシャーがかかる。距離もたっぷりあるうえ、アゲンストの風が吹くと、さらに難度が増す。このホールだけは、倶楽部競技でもプレーイング4を選べるが、アンダーハンディ競技当日はどうだろう・・・。
★9番H(Par4/C377Y、R360Y、S340Y、L264Y)
打ち上げでやや左ドッグレッグのミドルホール。第1打は、左正面のバンカーを避けて右目を狙って。ロングヒッターはバンカー越えもよいが、左はOBなので注意を。
◆◇インコース◆◇
★11番H(Par4/C366Y、R342Y、S321Y、L290Y)
右ドッグレッグのミドルホール。狙い目は、メタセコイヤの上。230Yのキャリーで越える。もっと飛距離のある人は、Y(ワイ)になった樹木の上を思い切って狙ってみよう。ドロー気味の250~260Yでグリーン手前まで運べる。ただし、右サイドはOBゾーンなので、センターから左目を狙って安全に行くのも一策。
ターゲットは右林のYの字
第2打地点
グリーンは縦長の形状が多い
★12番H(Par5/C561Y、R542Y、S501Y、L415Y)
緩やかに下っているロングホール。第2打の落としどころは残り距離を計算して、さらに、右側がくぼんだ形状になっているので、そこを避けたい。くぼみに行くと、グリーンが狙えなくなるので、手前で止めて第3打勝負がベスト。
ティーインググラウンド
第2打地点
第3打地点
右サイドは段差があり低くなっている
★15番H(Par5/C492Y、R479Y、S435Y、L395Y)
左ドッグレッグのロングホール。左に池があるが、ティーインググラウンドからは見えない。レギュラーティーから230Y前後で入ってしまうので、右目が狙い目。ただ右すぎるとOBゾーンとなる。2オンも狙えるが、正面バンカーの手前に止め、3打目できっちり決めるのが得策。
ティーインググラウンド
第2打地点
第1打が左の池を越えると、2オンは狙える。
★17番H(Par3/C189Y、R162Y、S149Y、L133Y)
谷越えのショートホール。松阪CCで唯一、グリーンの形状が横長。しかも、ここだけ、左側のグリーンがベントになっている。風は、サイドフォローの時が多い。
★18番H(Par4/C381Y、R362Y、S324Y、L247Y)
打ち上げで距離もある、最終ホールにふさわしい難しいミドル。左はOB。ドロー系にはとても狭く感じる。レディスティーは、谷の前となるため、プレッシャーは少ない。グリーンに向かって打ち上げているので、第2打は大きめのクラブ選択がベスト。また、ピンが奥の時は、グリーン手前において、第3打勝負もよい。