Welcome to the Page of the Mie Golf Association
Mie Golf Mie Golf Association

三重県ゴルフ連盟

競技報告

[2017]第9回三重県民ゴルフ決勝大会 成績表・記事

2017/11/29(Wed) 17:50:41
第9回三重県民ゴルフ決勝大会の成績表、記事を掲載します。
開催日/2017年11月29日(水)
会場/四日市カンツリー倶楽部
参加人数と距離/
男子60歳以上の部 72名(うち欠場3名) 6085ヤード Par72
男子60歳未満の部 28名(うち欠場3名) 6505ヤード Par72
女子50歳以上の部 28名(うち欠場2名) 5780ヤード Par72
女子50歳未満の部 13名(うち欠場0名) 6085ヤード Par72
天候/曇り一時雨
男子60歳以上の部・・・成績表(PDF)
男子60歳未満の部・・・成績表(pdf)
女子50歳以上の部・・・成績表(PDF)
女子50歳未満の部・・・成績表(pdf)

地区大会予選を経て決勝大会へ。MGA主催競技の最終戦は賞品盛りだくさん&和気あいあい。

男子60歳以上の部は、岡村多聞選手(伊勢)


男子60歳未満の部は、寺西克之選手(一志)


女子50歳以上の部は、菊川由美子選手(白山ヴィレッジ)


女子50歳未満の部は、前田英里選手(トーシンプリンスビル)



三重県ゴルフ連盟主催競技の最後を飾る三重県民ゴルフ決勝大会が終了した。今年の会場は四日市カンツリー倶楽部、朝のうちは日も差していたが、徐々に雲が広がり昼頃には一時雨も降った。11月下旬らしい寒さの中で開催された。
県民ゴルフ大会は年々人気を増しているため、今年からは各地区での上位者を集めた予選会を開催、その上位者が決勝大会へと進出する形に変更された。
7地区42会場、そして、地区予選3会場への参加者は延べ約7000人。そのうちの男女合わせて、141人が名門、四日市カンツリー倶楽部での戦いに挑んだ。
上り始めた朝日と、ハウス前の練習グリーン。
競技は、男子は60歳以上と未満、女子は50歳以上と未満の4部門で行われた。
どの選手も予選会を勝ち上がってきた選手だけに、メイングリーンのスティンプ10.5という高速に苦労しつつもプレーは順調に進行。まず、女子の部、その後、男子の部の表彰式が行われた。
県民ゴルフ決勝大会の一番のお楽しみは、優勝、入賞はもちろんのこと、5飛び賞やBB賞、敢闘賞とコンペさながらの副賞など盛りだくさんに用意されていることだ。選手たちは軽食をほおばりながら、名前が発表されるたびに大いに盛り上がっていた。
<成績> ※タイスコアの場合は、マッチングスコアカードにより順位を決定。
★男子60歳以上の部★
昨年優勝の67歳、岡村多聞選手が74ストロークをマーク。「パットもショットもよかった」と2位を1打抑え、連覇を達成。

優勝 岡村多聞(伊勢)   74=37、37
2位 中川盛満(タートルエース) 75=39、36
3位 山口芳隆(グリーンハイランド) 76=39、37
★男子60歳未満の部★
55歳の寺西克之選手が、77ストロークで優勝。「23年前の日本オープンを観戦した、憧れの四日市CCで勝ててうれしい」。

優勝 寺西克之(一志)  77=40、37
2位 近俊祐介(伊勢大鷲) 79=41、38
3位 杉浦和博(員弁郡)  79=40、39
★女子50歳以上の部★
今年の日本シニアマスターズ三重県代表の、菊川由美子選手が80ストロークで、昨年に続く連覇を達成。通算3度目の栄冠。

優勝 菊川由美子(白山ヴィレッジ)80=39、41
2位 西村雪代(双鈴関)   83=43、40
3位 中西以穂(伊勢)  84=42、42
★女子50歳未満の部★
インの1組目、前田英里選手が1オーバーで折り返し、後半に崩れたものの79ストロークでホールアウト。一昨年大会に続く2年ぶり2度目の優勝となった。

優勝 前田英里(トーシンプリンスビル)79=42、37
2位 吉川美香(松阪)     80=42、38
3位 矢橋さおり(ライオンズ) 87=46、41
※優勝選手のインタビュー、会場風景フォトギャラリーは、MGA3eの日12月3日版でお伝えします。お楽しみに!!