Welcome to the Page of the Mie Golf Association
Mie Golf Mie Golf Association

三重県ゴルフ連盟

競技報告

◆3eの日◆三重県ジュニア競技報告 インタビュー&フォト

2017/06/03(Sat) 12:32:52

青空広がる子供の日。総合優勝は増田雄飛選手(いなべ総合高3年)が2アンダー70

第29回三重県ジュニアゴルフ選手権競技
開催日/2017年5月5日(金)
会場/鈴峰ゴルフ倶楽部(東・中コース)

距離/
男子中学3年生~高校3年生の部・・・6823ヤード、Par72
男子中学1~2年生の部・・・・・・・6253ヤード、Pae72
女子高校生の部・・・・・・・・・・・6253ヤード、Pae72
女子中学生の部・・・・・・・・・・・6253ヤード、Pae72
男女小学生の部・・・・・・・・・・・5352ヤード、Par72
参加人数/
男子中学3年生~高校3年生の部・・・37名(うち欠場2名)
男子中学1~2年生の部・・・・・・・17名(うち欠場0名)
男子小学生の部・・・・・・・・・・・13名(うち欠場0名)
女子高校生の部・・・・・・・・・・・10名(うち欠場1名)
女子中学生の部・・・・・・・・・・・20名(うち欠場1名)
女子小学生の部・・・・・・・・・・・11名(うち欠場0名)
天候/快晴
毎年ゴールデンウィークを利用して開催される三重県ジュニアゴルフ選手権競技。今年の第29回大会は、朝から青空が広がり、夏を思わせる好天の一日となりました。男子中学3年~高校3年生の部は国体東海ブロックへの出場権をめぐる大切な競技、女子も国体女子の部への出場権の参考競技とあって、皆それぞれに自分の目標に向かって、ティーオフしていきました。

その結果、男子中学3年生~高校3年生の部は、2バーディノーボギー70でホールアウトした増田雄飛選手(いなべ総合高3年)が優勝、1打差の71に山中頌選手(いなべ総合高2年)が入り、いなべ総合高の1,2フィニッシュ。3位は72で福田孔子選手(ルネサンス豊田高1年)でした。なお、今日の結果で、ここまでの三重県トレセンポイント1位の山中選手は、国体東海ブロック大会の出場権が確定。残り2枠は、後日行われる選考会により決定されることになりました。選考会出場選手は、増田選手、伊藤刻矢選手(三重高3年)、福田選手、八太大和選手(三重高2年)の4人。
また、女子高校生の部は、寺田紅蘭選手(三重高3年)が72イーブンパー・・・と2位に8打差をつけて圧勝し、こちらも国体女子の三重県代表に確定しました。
各部門の成績はこちらをご覧ください
●男子中学3年生~高校3年生の部
●男子中学1~2年生の部
●男子小学生の部
●女子高校生の部
●女子中学生の部
●女子小学生の部

★ジュニア育成委員会だより・トレセンは鍛えてます★

三重県トレセンのフィジカルトレーニングを担当している鈴鹿回生病院スポーツ医学センターの深間内誠先生にお話を伺いました。
三重県のトレセンは2010年山口国体の翌年から始まりました。
その年、三重県としては久しぶりにに東海ブロック大会を突破して国体に出場したのですが、結果は惨敗。その帰り道に、これからはもっと組織としてジュニアを育てていかなくて、という思いを強くしたことがトレセンの始まりです。それから徐々にスケールアップを図り、現在はレベルに合わせた3つのチームでトレーニングする形にまで育ちました。
メンバーは25人ほどで、チームは育成、セカンド、トップの3つに分かれていて、トップチームがそのまま国体選手候補というような位置付けです。男子4名、女子4名が基本で、今は山中頌、伊藤刻矢、福田孔子、安達大空、寺田紅蘭、種村莉央、鈴木萌華がトップチームにいます。
☆パフォーマンスの波が安定してきた☆
彼らは
週に1回、鈴鹿回生病院でトレーニングをしています。1回が2時間半、柔軟性と関節の可動域を広げることが大切なので、そこを中心にして、さらに体幹のトレーニングにも時間をかけます。また、それをゴルフに流用できるように、筋肉トレーニング。重力に抵抗できる筋力(ふくらはぎ、太もも、お尻、お腹、背中)を鍛えます。合宿については、トップチームは2日間。セカンドチームと育成チームは月に1日程度しています。
これまで続けて来た効果は、個人の成績が安定して来たことです。それまでは波があッて、その幅がかなり広かったのですが、悪い時でもそんなにひどくならないようになって来た、ということです、それに、「やらされている」から「自発的に取り組む」ようになってきたと思います。トレセンの先輩が結果を残していることが大きいでしょうね。トレセンでは、「一つのことをやり続けること」「失敗に腹をたてるのではなく、腹をすえなさい」といつも言っています。(写真右が深間内トレーナー、右は三重県庁地域連携部の山田さん)
廣瀬1<インタビュー>
<男子中学3年生~高校3年生の部>
優勝 増田雄飛選手(いなべ総合高3年) 70=35、35
前半と後半に1バーディずつ、ノーボギーの70だった。「ティーショットもアプローチもパットも全て良かった。今年のベストスコアが出たことが何より嬉しいです」と自分のスコアにちょっとビックリした様子。野球少年だったが、中学3年の10月からゴルフを始め、いなべ総合高にゴルフ部があることを知って受験した。まだゴルフ暦は3年ほどで優勝を手にした増田選手。「大学に行ってもゴルフを続けたいと思っています」。
2位 山中 頌選手(いなべ総合高2年) 71=37、34
3バーディ2ボギーの内容に、「チャンスで取れなかった。ショットは良かったんだけど、パッティングで決めきれず、読み違いもあった」と残念そうだった。実は、この日はラウンド4日目というハードスケジュール。タイトリストの交流戦で宍戸ヒルズから夜中に帰宅したのだとか。「体力は大丈夫です。集中力もきれることがなかった。それより、花粉症になったのか、そっちの方が気になってました」。今年の目標は日本アマに出ること、だったが、中部アマチュアの結果は残念ながら出場権獲得には至らなかった。
(上の写真/左が増田選手、右が山中選手)
3位 福田孔子選手(ルネサンス豊田高1年) 72=36、36
<男子中学1~2年生の部>
優勝 関本琉志選手(三重大付属中1年) 76=37、39
ティーショットもウッドも良かったけど、アイアンは力は入ってダフったりトップしたりしました。パターもあまり良くなかった」と振り返った関本選手。小2の終わりから、鈴鹿ジュニアでゴルフを学んでいる。「ゴルフはドキドキしていろいろあって気が抜けないところが面白い。しっかり練習して、三重国体に出場したい!!」と夢を教えてくれた。
2位 牧野祥大選手(員弁中2年) 76=37、39
バーディ2ボギー2ダブルボギー。「良くなかった。ショットでバーディチャンスについた5メートル以内が一つも入らなかった。パターが苦手」という牧野選手は、これで3年連続2位となった。13歳違いの妹のさあいちゃんを抱っこして、はい、パチリ。
3T 石垣敢大選手(白子中) 77=40、37

3T 建部晶紀選手(芸濃中) 77=38、39
 
※優勝はマッチングスコアカード方式により決定した。
 ※3位表彰はマッチングスコアカード方式により決定した。
<男子小学生の部>
優勝 橋本拓英選手(南が丘小5年) 74=35、39
アウトスタートで、前半は1バーディノーボギーだったが、後半にOBが出たりした。「まあまあのゴルフでした。練習ラウンドより良かったので、それも良かったです」。父に連れられ、6歳からゴルフを始めた。今は津ジュニアに所属。
2位 藤原遼生選手(小野江小) 79=37、42
3位 石垣龍之介選手(桜島小) 83=42、41
<女子高校生の部>
優勝 寺田紅蘭選手(三重高3年) 72=34、38
インからスタートして、前半を2ボギー、後半に入って3バーディ1ボギーで盛り返した。2位とは8打差の圧勝だった。「全体にはアイアンが良かったことと、3メートルくらいのパットがよく入ってくれました。前半にバーディが取れたら、もっと良かったんだけど」と寺田選手。今日の同伴者は、高3同士で、トレーニングも一緒にしている3人。「雰囲気良くできました。手に余分な力が入らなかったこともスコアに繋がりました」。
2位 鈴木萌華選手(津田学園高3年) 80=40、40
「武器だったアプローチが今日は悪くて、今年した6試合中、ワーストのスコアになっちゃいました。OBや3パットでダボが2つもあったし、自分なりに頑張ったけど、悪すぎでした」。
3位 種村梨央選手(いなべ総合高3年) 85=42、43
「今日は、ダメが全部出ました。恥ずかしい」と滅多にない大叩きにがっくり。「ティーショットが悪くて、セカンドも乗っていかない、寄り切らない。本当に悪いところばかりでした」。
<女子中学生の部>
優勝 長田莉子選手(久居東中3年) 75=34、41
「前半はショットが悪かった。13番Hで4パットしたのが残念。後半はノーボギーで最後の8番Hと9番Hで連続バーディが取れました。調整ができてよかった」と試合を振り返った。去年2位だったリベンジの優勝となった。
2位 別所あにか選手(橋南中2年) 77=38、39
「今日はアプローチが良かったけど、ショットは良くなかった。最後の2ホールでパーオンして3メートルくらいについたのに、バーディがとれなかった。悔しいです」。まだ中2だが、162センチとすらりと背の高い別所選手。今は、津ジュニアに入り、腕を磨く毎日。
3位 池ヶ谷瑠菜選手(富洲原中2年) 78=38、40
「インから出て、前半に2つもダブルボギーをしちゃったんですが、それを取り戻すことが最後までできなかった。でも、後半は粘ることができたからよかったです」。小5からいなべジュニアでゴルフを始めて4年目になる。
(上の写真/左が池ヶ谷選手、右が別所選手)
<女子小学生の部>
優勝 荒木美咲選手(栗葉小6年) 91=45、46
「ベストスコアは89なので、まずまずのゴルフができました」。荒木選手はゴルフを始めてまだ2年目。青山ジュニアで練習を重ねている。ゴルフの他に、バスケットもしている小学6年生だ。
2位 久保美友貴選手(三重大付属小) 93=46、47
3位 筒井麻衣選手(一志東小)  96=47、49
入賞したみんなの全員集合!!
☆会場風景 フォトギャラリーは近日公開☆