Welcome to the Page of the Mie Golf Association
Mie Golf Mie Golf Association

三重県ゴルフ連盟

競技報告

◆3eの日◆競技会場紹介<鈴鹿カンツリークラブ/県アンダーハンディキャップ>

2019/09/03(Tue) 00:50:52

景観美しく、見通し良いホールが続く。

好スコアが期待できる西コース。

アンダーハンディキャップ競技会場は鈴鹿CC

ただいま、エントリー受付中!!

第17回三重県アンダーハンディキャップゴルフ競技 
2019年10月8日(火)
会場/鈴鹿カンツリークラブ(西コース)
総支配人 加藤雅也さんにお聞きしました。

◆37歳。現在、MGA加盟倶楽部の中で最も若い支配人。
2011年に鈴鹿CC入社、32歳で支配人に、2年前に総支配人に就任。ゴルフ歴15年
★クセの少ないコース。大胆に、繊細に攻めて好スコアを。
鈴鹿CCの3コース(中、東、西)のうち、最もクセの少ないのが西コースです。ティーイングエリアに立つと、ほとんどのホールでグリーンまで見通せるため、攻略イメージは作りやすいと思います。距離もそれほど長くないので、飛ばない方でも安心して回っていただけるでしょう。気をつけたいのは、第1打の正確性です。左右のOBや隣ホールとの境目など、曲がってしまうとトラブルに見舞われるホールが多々あるのです。しっかりと第1打が打てるかどうかがスコアメイクの大きな鍵と言えるでしょう。また、グリーン奥は全般的にタイト(狭く)で、グリーンにはアンジュレーションがありますので、ピンポジション次第では厄介になるかもしれません。さらに、当日の風の具合がスコアに大きく影響を与えます。秋から冬にかけては、鈴鹿山脈からのいわゆる「鈴鹿おろし」がまともに吹いてきます。
競技前には、ぜひ練習ラウンドにお越しいただき、攻略をしっかりと練ってください。

★レストランの人気メニュー
鈴鹿CCのレストランはとても広い。西、中、東の3コースでラウンドするゴルファーが一斉に上がってくるのだから、スタッフの動きもスピーディだ。
人気のある四日市名物トンテキや、種類豊富な中華系メニューは手軽に食べられることもあって評判が高い。

・南洲ポーク使用 名物トンテキ (追加料金700円)
鹿児島産南洲ポークを使用し、オリジナルの濃厚ソースで仕上げたトンテキ。たっぷりのキャベツとともにどうぞ。

・鈴鹿CC名物 皿うどん (追加料金200円)
野菜、肉、魚介をふんだんに使ったあんかけ焼きそば。量も美味しさも大満足の人気メニュー。

・麻辣冷し担々麺 小ライス付 (追加料金200円)
山のように盛られたキュウリが圧巻。ピリリと四川風辛さが食欲を満たします。

・ノンアルコールビール 氷入りジョッキ  500円
ノンアルコールビールに氷を入れる発想が斬新。とりわけ、暑い季節は、このボリュームがたまらなく嬉しい。

<<コース紹介>>


各ホールが林にセパレートされた西コースは、全体が見通せ、フラットなホールが多い。鈴鹿山脈を背景にした美しい景色を眺められるのは、プレーヤーの醍醐味。全ホールを通じて、第1打の落とし所がポイントとなる。攻略ルートを描きながら、正確なショットで攻めよう。また、どのホールもグリーン奥はOBが迫っているため、手前からのアプローチがマストとなる。
18ホール/Par72/Back6642yd、Regular6297yd、Front5960yd、Silver5613yd、Ladies5016yd
※競技当日は、男子Regular、女子Silverをベースに設定される予定です。
◆アウトコース◆
★1番H(Par4/R373yd、S335yd)
まっすぐなスタートホール。狙い目は、右サイドの松林を避け、左クロスバンカーの右方向。第2打は距離感に注意して大きめのクラブ選択を。
★2番H(Par4/R375yd、S339yd)
フェアウェイが緩やかなカーブを描くミドルホール。左右ともにセーフだが、左は1番Hに、右は3番Hに隣接しているので、松林を超えて戻すのはなかなかにやっかい。第1打を曲げないことが大切。第2打はグリーン右端のOBに注意を。
★3番H(Par3/R147yd、S147yd)
軽い打ち上げのショートホール。グリーン手前のガードバンカーに注意。打ち上げを計算した大きめのクラブが正解。グリーン右サイドのピンポジションほど難度が上がる。
★4番H(Par4/R376yd、S358yd)
打ち下ろしのストレートなミドルホール。正面に見える鈴鹿山脈の山並みが美しい、景観の良いホール。雄大な山に向かって、思い切って振っていこう。
左サイドはOBゾーン。第1打の狙い目はフェアウェイ右方向だが、あまり右に行き過ぎると、第2打で高い松の木が障害になるので、木の後ろは避けたい。グリーンは大きく傾斜している。

★5番H(Par4/R376yd、S333yd)
左サイドにOBが続くミドルホール。第2打は左足下がりの打ち下ろしとなるため、正確なショットに心がけたい。

茶店で人気のドリンク、「飲むみかん」。粒々がたっぷり入って、ビタミンCもしっかり摂れそう〜
★6番H(Par5/R404yd、S345yd)
やや右ドッグレッグのロングホール。飛ばし屋は2オンが可能。ただ、距離が短い割には、すんなりとバーディ奪取とはならない罠がある。
左はOB、右はセーフだが5番Hに落ちていくため、そこからのリカバリーは至難。第1打が大切。
第2打は打ち上げになるので、クラブ選択は大きめが良い。左足上がりのスタンスは左に引っかけやすいので要注意だ。
★7番H(Par3/R186yd、S150yd)
距離のある、打ち下ろしのショートホール。右のカート道の右がすぐOBなので、曲がりは禁物。
アゲンストの風が吹いていたら、プラス10ヤードでクラブ選択を。ガードバンカーにも注意を。

★8番H(Par4/R385yd、S359yd)
ストレートなミドルホール。右サイドはOB。右のカート道を超えるのは危険。左は割に広めなので、狙い目は左バンカー越え。OBを避け、第1打を刻む作戦もあり。
★9番H(Par5/R485yd、S440yd)
左右に松林が続く、右ドッグレッグのパー5。正面の低い方の鉄塔、もしくは、バンカー方向を狙うのがベスト。グリーンは手前から順目になっているので、ショートめに攻めること。
◆インコース◆
★10番H(Par4/R353yd、S308yd)
左に軽くドッグレッグしたミドルホール。第1打は、左の山裾を狙うのがベスト。第2打は花道から安全に。


★11番H(Par5/R479yd、S370yd)
6番Hと対照的に、たっぷり距離のあるロングホール。フェアウェイは狭い。左右に大きな松がある上、どちらもOBなので、曲げるとトラブルになる。2オンは余程の飛ばし屋でない限り、難しい。グリーン手前に深いバンカーがある。

★12番H(Par4/R383yd、S370yd)
軽く右に曲がるパー4。左に続くOBに注意して、第1打を。第2打からは打ち下ろしになる。グリーンは2段。
★13番H(Par3/R162yd、S134yd)
池越えで、やや打ち下ろし、景色の美しいショートホール。グリーン周りは風が巻いていることが多く、風が読みにくい。打つタイミングで番手が変わるほどだ。グリーンは2段。ピンと同じ位置に乗せて、スコアメイクしていきたい。
★14番H(Par4/R373yd、S290yd)
ストレートなミドルホール。第1打は、両サイドのバンカーに気をつけて。第2打は打ち上げなので大きめのクラブ選択を。

★15番H(Par4/R385yd、S319yd)
打ち上げで、距離もたっぷりのミドルホール。第1打、第2打ともに思い切ったショットで攻めたい。グリーン右手前にはダブルでバンカーが待ち構えている。
★16番H(Par5/R487yd、S461yd)
広めでまっすぐ、距離短めのパー5。バーディを確実に取りたいホールでもある。右サイドはOB。第1打は左サイドバンカーに捕まらないよう注意。第3打が打ち上げになるので、距離感が大切。グリーンは手前から順目で早い。
★17番H(Par3/R184yd、S144yd)
見た目より距離のあるショートホール。打ち下ろしがかなりあるので、クラブ選択は慎重に。さらに、このホールも、風が空中ハザードとなる。グリーン上空を読みきって、バーディトライを!!
★18番H(Par4/R384yd、S347yd)
緩やかに右ドッグレッグのミドル。打ち出し幅が狭く見えるため、ティーイングエリアではプレッシャーがかかる。第1打が重要なホール。やや左目狙いがベスト。
第2打は鈴鹿おろしの風がショットに影響を与える可能性も。グリーン右手前のガードバンカーに気をつけよう。